NAIL TIPS
Information of inails

放置はダメ!二枚爪の正しいケア方法と防止策

爪のトラブルで、最もよく見られるのが二枚爪です。

痛みなどはありませんが、見た目は良いとは言えませんし、放置しておくと服などに引っかかり、更に大きく広がってしまうこともあります。

繰り返しやすいので正しい処置を行なって、きちんと治しておきましょう。

防止策も合わせてご紹介します。

 

二枚爪とは

爪は、3つの層で出来ています。

二枚爪は、一番上、つまり爪の表面にあたるトッププレート、もしくは二番目のミドルプレートがはがれた状態です。

医学的には、爪甲層状分裂症(そうこうそうじょうぶんれつしょう)と呼ばれます。

ひどく痛そうな名前ですが、爪には感覚がないので痛みはありません。

ただ、治ったと思っても繰り返し同じ状態になることも多いですし、見た目にも問題があります。

ネイルのおしゃれもしにくくなるので、原因と対処法、防止法を学んでおきましょう。

 

乾燥だけではない、二枚爪の原因

二枚爪の原因と言えば、まず思い浮かぶのが乾燥です。

爪の中の水分や油分が不足することで柔軟性が失われ、少しの力がかかっても、それを受け止めることが出来なくなってしまいます。

爪切りで切ったショックでさえ耐えられず、層がはがれてしまうので、PC操作などの日常動作でも気を付ける必要があります。

また、年間を通して指先が冷たいという冷え性の方も、二枚爪になりやすいようです。

血行が不足していると、健康な爪も作られません。

栄養不足も然り。

乱れた食生活は、爪の健康まで阻害しかねないのです。

 

今日から実践したい、二枚爪の対処法

二枚爪をケアしたいなら、まずは保湿です。

キューティクルオイルなどの爪のケアに特化してアイテムを使って、爪周りをこまめに保湿するようにしましょう。

お風呂上りなどにキューティクルオイルをたっぷり塗り、ラップをかぶせて蒸しタオルを乗せ、しばらくパックすると効果的です。

血行を良くするために適度な運動を心がけ、食生活もこの機会に見直してみるといいですね。

 

ジェルネイルやポリッシュを塗って保護

二枚爪は、爪の層が一部はがれてしまっているわけですから、健康な爪より薄くなっている状態です。

薄く、弱っている爪を保護するために、ジェルネイルやポリッシュを塗って強化しておくのも良いでしょう。

ただ、ジェルやポリッシュを塗っておくこと自体に問題はないのですが、オフする時のリムーバーは爪を傷める原因になることが考えられます。

爪を保護するためにジェルなどを塗った方が良いのか、オフの際の負担を避けるのが正解かは、それぞれの爪の状態によって変わります。

ネイルサロンで相談してから決めるといいですね。

 

ケアしても戻らない?

ただ、一度なってしまった二枚爪は、どんなにケアしても再びくっつくことはありません。

そのままにしておくと引っかかって、さらに大きく裂けてきてしまうことも。

できてしまった二枚爪は、目の細かいネイルファイルで削って滑らかにしておきましょう。

くれぐれも削りすぎないように気を付けてくださいね。

 

爪切りはNG?

保湿や食生活の見直しも大切ですが、爪の形を整えるときの方法も肝心です。

爪切りでのカットは、弱った爪に大きな負担を与えます。

特に切れ味が悪くなった爪切りで切ると、層と層の間に空気を入れてしまう原因となり、二枚爪を招く大きな原因に。

爪切りはスッキリと切れる物を使うか、ネイルファイルで削るようにしましょう。

 

まとめ

二枚爪は、乾燥をはじめ、血行不良や食生活の乱れによる栄養不足などでも起こる、非常にポピュラーな爪のトラブルです。

放置しておくと爪が更に薄くなってしまうこともありますので、きちんとケアし、爪の切り方なども工夫しましょう。

爪が健康であればネイルアートも映えますし、持ちも良くなりますよ。

 

東京都内を中心に最先端デザインを提供するアイネイルズ

  • INSTAGRAM “Introducing our work”
    READ MORE
  • PRESS “Introduction of press activity”
    READ MORE
  • NAILIST JOB
  • NAIL MAISON
  • ネイル・ドゥ・プリエ 池袋店
  • Brillo
  • ネイル・ドゥ・プリエ 六本木ヒルズ店