NAIL TIPS
Information of inails

ジェルネイルって何?マニキュアとの違いとそれぞれのメリット・デメリット

ここ何年かで、一気に知名度を上げているジェルネイル。 今やネイルサロンと言えば、マニキュアではなくジェルネイルを施すサロンが圧倒的に多くなっています。 マニキュアとジェルネイル、どちらも指先を優雅に美しく装ってくれるアイテムですが、どんな違いがあるのでしょう。 今さら聞けない、マニキュアとジェルネイルの違いと、それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました。

耐久性の違い

マニキュアとジェルネイルの違い、その最たるものは耐久性です。

丁寧にトップコートを塗っても、マニキュアは数日で爪の先が剥げてきたり、ツヤが失われたりする一方、サロンなどできちんと施術されたジェルネイルなら、2週間は塗りたての美しいツヤを保つことができます。

その名の通り、まるでゼリーのような透明感のあるツヤと、ぷっくりした質感が長期間楽しめますので、人気が出るのも当然なのかもしれません。

ただし、健康な爪を保つためには、3週間を目途にオフすることがオススメです。

 

塗る前の下準備

マニキュアはベースコートを塗る程度で、特別な下準備は必要なく、思いついたらすぐ塗り始めることが出来ます。

しかし、ジェルネイルは爪の表面をザラザラにしなければ定着しにくいため、爪用ファイルを使ってサンディングを行なわなければなりません。

 

乾かす&固める

マニキュアは、塗ってしばらくすると自然に乾いていきます。

完全に乾くまで2時間ほどはかかるとされますので、その間は爪に負荷がかかる作業はNGです。

対して、ジェルネイルは自然乾燥することはなく、UVライトかLEDライトで硬化させますが、こちらは数十秒~2分ほどで固まります。

 

オフの方法

マニキュアは除光液で簡単に落とせますが、ジェルネイルはマニキュア用の除光液では落とせません。

強度が高い分、オフには時間と手間が必要というわけです。

 

特別なテクニックは必要ありませんが、ファイルでジェルネイルの表面を削り、専用のリムーバーを浸透させたコットンを爪に乗せます。

そして、それが蒸発しないようにアルミホイルを巻いて、保温しながら10分以上置き、ジェルがふやけてきたらプッシャーで取り除いて終了です。

最後にネイル用オイルなどでケアしましょう。

 

それぞれのメリットとデメリットのまとめ

マニキュアは、塗りやすくオフもしやすいのが魅力ですが、乾燥に時間がかかり、耐久性も低いのがデメリットです。

 

そのデメリットを克服したのがジェルネイル。

耐久性があり、ライトを使って一瞬で硬化させることができるので、乾ききっていないうちにキズがついてしまうこともありません。

ただし、オフには時間と手間が必要となります。

上手に使い分けて、おしゃれな指先を演出したいですね。

 

渋谷人気ネイルサロン アイネイルズ渋谷店
  • INSTAGRAM “Introducing our work”
    READ MORE
  • PRESS “Introduction of press activity”
    READ MORE
  • NAILIST JOB
  • NAIL MAISON
  • ネイル・ドゥ・プリエ 池袋店
  • Brillo
  • ネイル・ドゥ・プリエ 六本木ヒルズ店