ネイリストコラム

ジェル、スカルプ、ポリッシュ、チップ…覚えておきたいネイルの種類と特徴

ネイルサロンに行くと、たくさんのメニューがありますよね。ジェルをはじめ、スカルプチュアにチップ、ポリッシュなど、どう違うのか分からない方も少なくないはずです。

正しくオーダーするためにも、ネイルの種類とその特徴は覚えておきたいもの。これらを頭に入れておけば、理想の指先が手に入りますよ。

 

ジェルネイルの概要

まずは、一番人気のジェルネイルから。

付け心地が軽いので違和感を覚えにくく、美しいツヤが2週間以上長持ちするので、ネイルサロンではジェルネイル以外をオーダーしたことがないという方も多いでしょう。

ジェルネイルは、水あめのようなトロミがある樹脂を爪の上に塗り、専用のライトで硬化させるのが特徴です。

 

そして、ジェルネイルにはソークオフジェル(ソフトジェル)とハードジェルの2種類があります。

ソークオフジェルは、自爪を軽く削ってジェルを乗せていく手法で、柔軟性があって割れや欠けが出にくいのが特徴です。

オフする際も専用のリムーバーで溶かすことができるという理由から、最近はソークオフジェルが主流となっています。

ハードジェルは、非常に丈夫でソークオフジェルより持ちは良いのですが、オフするためには削るほかに術はありません。

そのため自爪への負担が心配されますが、高い技術を持つネイリストさんに行なってもらえば、強いリムーバーを使用するよりも却って爪に優しいとも言えるでしょう。

また、ツヤ感はソークオフジェルより優れているため、根強いファンも多い技法です。

 

スカルプチュアの概要

スカルプチュアとはネイルチップのことと勘違いしている方は少なくないのですが、スカルプチュアは接着剤やテープで自爪に装着するタイプの技法ではありません。

アクリルのパウダーとリキッドを混ぜ合わせたものを自爪の上に塗り、長さを出したり希望の形にしたりするネイルアートです。

 

ライトで硬化させるジェルネイルに対し、スカルプチュアは化学反応で固めていきます。

ネイルエクステンションと呼ばれるほど、長さを出すためには有効です。

ジェルよりも強度が高く、密着性も優れていますので、ネイルアートの幅も広がるでしょう。

ビジューやスタッズをたくさん散りばめたデザインや、3Dアートネイルにトライしてみたいなら、スカルプチュアが最適です。

自分の思い通りの長さを出すことが出来ますので、ロングネイルに憧れているけれども、爪が弱くて伸ばせない方などにもオススメです。

 

ポリッシュの概要

ポリッシュは、マニキュアのことです。

自然乾燥させるため、完全に固まるまでに時間はかかってしまうのがデメリットですが、面倒な下準備は必要なく、手軽に塗ることが出来てカラーも豊富に揃っています。

コンビニなどでも手に入る除光液で簡単にオフできるので、爪のおしゃれとしては最もポピュラーな方法です。

 

ただ、ジェルやスカルプチュアに比べると、耐久性の面で劣るのは否めないでしょう。

マニキュアならわざわざネイルサロンに行かなくても、セルフで十分と思われるかもしれませんが、やはりプロのネイリストに塗ってもらうと、持ちやツヤは断然違います。

施術時間も短くてすみますし、ほかのメニューに比べて料金設定もリーズナブルです。

ついでに爪周りのケアもしてもらえますので、時にはポリッシュをチョイスしてみては?

 

ネイルチップの概要

ここまででご紹介したジェル、スカルプチュア、ポリッシュは、どれも自爪の上に直接展開する方法でした。

それに対し、ネイルチップはあらかじめ形成された人工の爪を、自爪の上に装着するという方法になります。

透明なチップに自分の好きなカラーを塗って、オリジナルデザインを楽しむこともできますし、既にデザインされたチップを購入して装着することも可能です。

ネイルチップの一番のメリットは、つけ外しができるという面にあるでしょう。

普段お仕事などの関係でネイルのおしゃれが楽しめない、爪を伸ばせないという方でも、ネイルチップを利用すればお休みの日だけネイルアートを楽しむことができます。

 

接着方法は、専用の両面テープを使う方法と、グルーと呼ばれる接着剤を使う方法があります。

両面テープで装着すれば、出かける前にサッと付けられますし、ネイルチップを傷めることなく何度でも使えるというメリットがありますが、はがれやすいので注意しましょう。

グルーを用いれば、強力に接着できますが、使用後にはグルーを溶かしてネイルチップをはがさなければなりません。

この時にネイルチップも同時に溶けて、カラーもはげてしまいますので、再利用はできなくなります。

 

また、ネイルチップはネイルファイルなどで削って、自分の爪の形とサイズに合わせるという手順が必要です。

サイズが合っていないと、自爪や爪の周りの皮膚を傷つけてしまうこともありますので、面倒でも丁寧に合わせていきましょう。

ネイルサロンでは、サイズはもちろん合わせてもらえます。

デザインやカラーなどを事前に打ち合わせておけば、作っておいてもらって、後日取りに行くことも可能です。

施術時間を節約したい時にも、最適な方法だと言えるでしょう。

 

まとめ

ジェルネイル、スカルプチュア、ポリッシュ、ネイルチップ、それぞれの概要とメリット、デメリットをご紹介しました。

多くのネイルサロンでオーダーできるメニューですが、案外知らなかったことも多いのでは?

強度面や手軽さ、オフのしやすさなど、さまざまな面から考慮して、自分にぴったりのメニューを選んでくださいね。

 

 

渋谷駅から徒歩3分のネイルサロン、アイネイルズ渋谷店のメニュー&価格表はこちらからどうぞ♪

I-NAILS OFFICIAL WEB SITE
RESERVE